忘れた頃に突然やってきた通知 – 走ろうにっぽんプロジェクト


今日は短めに。というか、これぐらいの長さがブログにはちょうどいいのでしょうか。これで原稿用紙換算で約4枚分…。


”一昨年、全国の素晴らしいランニングコースを再発見しようという「走ろうにっぽん」プロジェクトに、ランニングコースをご投稿くださいましてありがとうございました。選考の結果「走ろうにっぽん」青森県の候補25コースのひとつとして、掲載させていただくことになりました。
ついてはひとつお願いなのですが、コースマップをおこす関係で、簡単なマップをいただけないでしょうか?”

(一財)アールビーズスポーツ財団が主催する「走ろうにっぽん」は、ランニングコースという観点から日本の魅力を再発見するプロジェクトで、投稿してもらったランニングコースから、都道府県別の10撰を投票で決めていくというものです。既に47都道府県のうち、半分以上の都道府県でコースが選定され、そこから10撰が選ばれています。

そして何と今回、僕が提案した内容が、青森県の25候補に選ばれたのだそうな。
ちなみに僕が提案したのは、以下の内容でした。メールを見て思い出しましたが、一昨年前の話ということで、提案したことすらすっかり忘れていました。

●コース名 「弘前城・弘前公園」コース
説明:外周約3.3キロ。適度なアップダウンもあり、練習コースには最適。
途中道幅が狭くなるところもありますが、弘前公園内もランニングすることができますので、縦横無尽にコースを組み立てることが可能です。

…え?と思われた仲間の方も多いことでしょう。そう、正直言って僕じゃなくとも弘前市内でランニングに取り組んでいる人であれば、皆さん誰でも知っている公園の外周コース。1周3.3キロで信号に引っかかることもほとんどなく、適度なアップダウンがあることから、多くの皆さんがジョギングにランニングにと楽しんでいるようです。
ただ、この約3.3キロのコースだと、青森県の10撰には選ばれるのかも知れないけれど、地元民としては何だかありきたり過ぎて面白みがありません。
事実、先方からも今回、こういうリクエストがありました。

*弘前城と、弘前公園内を組み合わせたコースをご提案いただけないでしょうか?
距離:3km~10km程度

弘前城と、弘前公園内を組み合わせる!捉えようによってはとてつもなく壮大かつ難解なコースになりそうな感じ。7月8日(土)に放映されるNHK総合の「ブラタモリ」も真っ青の内容です。…いや、そういうことじゃないんだな。

ちなみに、事前に僕が提案した弘前公園の外周コース、恐らく僕だけではなく多くの方がこのコースを紹介したのかも知れません。それもあって、組み合わせたルートをリクエストされたのではないかと勝手に推測しているところです。

そこで今回は、時々僕が練習で走っているルートを紹介することにしました。
その名も、「弘前公園・弘前城を目一杯楽しむコース」
全長約8キロ(ルートラボでは7.9キロ)のコースで、有料区域である本丸エリアも駆け抜けるルートなので、走る時間帯が限られる、といってもいいかも知れません。かといって、先日開催され、このブログでも紹介した「弘前城リレーマラソン」のコースを付け足しただけ、というのともちょっと違うものです。

近日中(おそらく来月中)に、このルートを含む青森県内の25のルートが掲載され、投票が始まることと思います。
ルートが長過ぎて(ゴチャゴチャし過ぎて)敬遠される可能性は否定できませんが、もしも10撰に選ばれたらちょっと嬉しいかも!

10撰に選ばれると、その中からロケイニングイベントも開催されるようです。
ちなみに僕が紹介したコースがどういうものなのかは、まだ応募中の段階なので、敢えて公表しないでおこうと思います。(どうしても知りたい!という方は個別にお知らせください…いるわけないか。笑)

あわよくば、10撰に選ばれますように!

(今回設定したコースから眺めることができる、弘前公園のさくら。)

走ろうにっぽんFacebookページ


投稿者: のんべ

1971(昭和46)年 青森県生まれ。弘前市在住の青森県職員。 プリンスとビールと豆腐とラーメンを愛する。安い一眼レフカメラでいかに安っぽくない写真を撮影するかに興味あり。 ブログの内容の多くは、いつの間にか趣味となった「走ること」がメインです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA