2010年3月 9日

B級グルメの役割

B級グルメ。もはや料理のジャンルの一つとして定着し、今でも全国各地の地域おこしのネタとして広がっていることは既に皆さんも御存知の通り。ただ、素朴な疑問として、B級グルメって一体何だろう、と思ったのだが、どうもいろいろな見解があって、「これだ!」という確固とした定義がない模様。

また、これと合わせて「ご当地グルメ」と呼ばれるものもあって、B級グルメとの差別化がますます難しくなっている。結局、「ご当地グルメ」のうち何となく全国区として売り出せそうなのが「B級グルメ」ということになるのだろうか。

個人的には、B級グルメというのはそもそも地元で古くから愛されているのに、他地域ではあまり知られていないような料理だと思っていたのだが、これがどうも「ご当地グルメ」の定義に当たるようだ。最近の兆候を見ていると、そういう「ご当地グルメ」の発展型として「B級グルメを作らなきゃ!」と躍起になっている地域もあるように見受けられる。

昨日たまたまテレビを見ていたらB級グルメの特集をやっていたのでちょっとだけ見たのだが、「えー?それって本当に地元に定着してるの?」と勘ぐりたくなるものや、「いやいや、それはもはやB級グルメの域を超えているでしょう!」というものもあった。

余談ではあるが、全国初のB-1グランプリが開催されたのが八戸市で、その時の優勝が静岡県の「富士宮焼きそば」だった。それ以来、B-1グランプリが優勝した地域での持ち回りで開催されるようになった。その模様がテレビやマスコミで大々的に報じられるのを見て、集客力や盛り上がりぶりに地団駄を踏みながら、あわよくば我田引水とばかりにB級グルメの発掘に奔走した、というのが各地の実態だろう。

青森県内だと、八戸せんべい汁と黒石つゆ焼きそばが有名で、この他に歴史が古いのは青森の生姜味噌おでん。更に最近ではむつ市の大湊海軍コロッケに十和田市のバラ焼きなど、いずれもB級グルメとして売り出そうと必死になっており、群雄割拠の様相を呈している。

しかし、青森県内だけでもこれだけあるご当地グルメ、県内はもちろん他都道府県でもまだまだ眠っていると思しき「ご当地グルメ」はたくさんあるものと考えられる。ただ「B級グルメ」も、あまりに出過ぎると何が何だかわからなくなって興醒めする可能性もあるので、いつまでも「B級グルメ」にこだわるのではなく、ちょっと違う視点から攻めた方が、これからは斬新かも知れない。

ちなみに現在「B-1グランプリ」への出場は「B級ご当地グルメでまちおこし団体連絡協議会」なるものへの加入が条件となっていて、何でもかんでもB級グルメと謳い、「B-1グランプリへの出場を!」というわけにはいかないらしい。

個人的には金沢の「ハントンライス」が、何で今までB級グルメとして全国に紹介されないんだろう、とずーっと疑問に思っていたのだが、そもそも協議会には参加していないようだ。大体、金沢には兼六園もあるし、別にわざわざB級グルメとして広めることもなく集客することができる。あれはB級グルメではなく、「ご当地グルメ」で何の問題もないということだろうか。

裏を返せば「B級グルメ」というのは、そういう役割なのだと思う。

失礼を承知で言わせていただくならば、これまでB-1グランプリで優勝した富士宮、厚木、横手...これらの地域にある史跡や観光名所の類が、ほとんど浮かんでこない。
つまり、これといった名勝や観光地を持たない地域が、集客のアイテムとして生み出したのが「B級グルメ」ということになるのだろう。

その証拠に、東京や大阪からは、これだ!という「B級グルメ」がほとんどない。かつては「月島もんじゃ」が前述の協議会に参加していたようだが、すぐに脱退している。何か「大人の事情」もあったのかも知れないが、別にB級グルメがなくても人は訪れてくるし、わざわざ「B級グルメ」である必要はない、ということだろうか。

ただ、何だかんだ言ってもやはりB級グルメは「作り出すもの」ではないような気がしている。青森県内でも、他地域に追随しようとB級グルメを「作り出す」ことを考えているところがあるようだが、いわば客寄せのために、その場しのぎで生み出したようなB級グルメは、そんなに簡単に定着するものではないと思うし、売れるとも思えない。

そういえば先日ある関係者の方が「弘前市にはB級グルメがないし、取り組もうとしない。」と嘆いていたが、そりゃそうだ。弘前市にB級グルメなんてあるはずがない。

だって、弘前のグルメはみんなA級ですから(ニヤリ)。

津軽料理遺産

2010年3月 3日

東北新幹線新型車両(E5系)の愛称募集

2011年春から東京~新青森間で運行を開始する東北新幹線の新型車両の愛称について募集が始まっています。

新しい東北新幹線の列車愛称を募集します
(PDFファイル)

応募要領から抜粋すると、

・新型高速新幹線車両にふさわしく、かつお客さまにわかりやすい愛称とします。
・愛称は応募数による決定ではなく、応募作品全体を参考としてJR 東日本社内で選考の上、決定します。

とのこと。

2002年に東北新幹線が八戸まで延伸した際、盛岡止まりの列車との差別化を図るため、それまでの「やまびこ」に代わり、「はやて」が登場しました。当時噂されていたのは、青森~上野間を走っていた特急「はつかり」の愛称が復活するのではないか、というものでしたが、これまで全くゆかりのなかった新たな愛称「はやて」が登場しました。

当時は、「はやて」という名称そのものが、どちらかと言えばネガティヴな意味を持ち合わせているということ、「はつかり」という名称復活に期待を寄せていたのに復活しなかったということで賛否両論だったのですが、気がつくと「はやて」という名称は、東北新幹線を示す一つの名称としてすっかり定着しました。

今回、新青森駅開業のあと、新たに運行する新型車両の愛称ということで、せっかく定着した「はやて」の名称そのものが消えるかも知れません。
特に、東北新幹線が全線開業するということもあり、全く新たな名称になる可能性も捨てきれません。

とはいえ、結局は「はやて」か「はつかり」に落ち着くのではないかと勝手に思っていますが、ひょっとしたら新幹線としては初の漢字の愛称(「白鳥」)になるかも知れませんし、これらとは異なる全く新しい名称になるかも知れません。

青森を連想させるというよりも、東北を貫く新幹線ということで、それにふさわしい愛称になって欲しいものです。間違えても「いたこ」とか「ねぶた」とか、赤面しそうな名称にならないことを願うばかりです。

おまけ。
東北新幹線全線開業にあわせ、青森県内を走る津軽線、大湊線に導入される予定のハイブリッド型新型リゾートトレインの愛称も募集中。

新型リゾートトレイン 愛称名募集!

こちらはネット上からの応募は不可で、葉書のみによる募集だそうです。

2009年11月11日

なぜ、矢野顕子?

県冬季観光PRに矢野顕子さん起用(東奥日報)

2010年12月の東北新幹線新青森駅開業を前に、県は12月から始まる開業プレキャンペーン用ポスターのデザインを決めた。青森市出身のシンガー・ソングライター矢野顕子さんをモデルに起用し「どんなフユ? ワンダフユ! 青森」「青森があなたに近づきます」のコピーで本県の冬季観光を全国にPRする。

何で今更矢野顕子なのだろうか...という素朴な疑問が沸々と。まぁ確かに青森市出身だし、それなりに知名度があるから構わないけど、露出の少ない彼女だけに、ポスターをパッと見て「あ!矢野顕子だ!」と気づいて下さる方がどれぐらいいるか(あ、念のため付け加えますが別に彼女のことを毛嫌いしているとか、そういうことではありませんので)。

まぁ、最近であれば青森県出身で一番の有名どころと言えば松山ケンイチ、ということになるのかも知れないけど、逆に彼の場合だと露出が多すぎて、インパクトが薄い割にはギャラも高そう。

そういう意味では、「誰だこれ?」の矢野顕子の方が、インパクトが強いとかいう戦略だったりして。というかそこまで計算し尽くされての矢野顕子を採用だったら、凄いな(笑)
東北新幹線新青森駅開業プレキャンペーン

2009年10月 1日

【青森県内調査】渋滞箇所解消に向けたアンケート実施中

青森県渋滞対策推進協議会では、これまで県民の皆様のご意見を聞きながら、渋滞対策を進めて参りましたが、県内には対策すべき箇所がまだ数多く残されております。
 そこで、皆様が日頃利用されている青森県内の道路で、特に渋滞している交差点について、皆様のご意見をいただき、今後の対策箇所の選定や対策事業の検討に活かしていきたいと考えております。

というアンケートがひっそりと行われています。
ドライバーの皆さんを始め、普段歩き慣れている道で渋滞が発生して困っているという皆さん!
身近にある渋滞箇所について、問題点を列挙されてみてはいかがでしょうか?ひょっとしたら、あなたの意見が渋滞解消に反映されるかも知れません。回答期限は10月31日までだそうです。

アンケート調査ご協力のお願い