2010年3月 6日

自死という生き方 - 覚悟して逝った哲学者

ようやくこの書籍の感想を書く気になった。

とんでもない本を手にしてしまったな、というのが全て読み終えた後の感想だ。
というか、本書を読み終えて感想を述べている多くの人が、同じような感想を抱いているようだ。

本書の著者である須原一秀氏は、社会思想哲学を専門的に扱う学者であった。
しかし彼は、「一つの哲学的プロジェクト」として自らの命を絶つと家族以外の友人に宣言し、2006年4月、自らの手でこの世を去った。享年65歳。

本書は、その後に発見された遺稿である。
その内容は、「老い」を回避するため、その代償として「自死」を勧めるという非常に過激な内容だ。
事実著者は、取り立てて何の弊害もなく、快活で健康的な生活を送っていたようで(60代後半で体脂肪率一桁台を保っていたらしい)、突然の死により残された家族も、筆者が自死に至った理由がわからず、酷く狼狽したようだ。

本書の中で筆者は、ソクラテス、伊丹十三、三島由紀夫の三名が自死に至らなければならなかった理由を、過去の文献その他から探っている。彼らがすぐに死ななければならない理由などなかった。そして、ソクラテスの場合はいわば殉死だったかも知れないが、伊丹も三島も、既に人生を十分に謳歌しており、ちょっとしたきっかけが、自死に導いたのだ、と結論づけている(特に伊丹の場合、自らの著書で「楽しいうちに死にたい」と述べている、という)。これを筆者は、「積極的な死の受容」という表現を用いている。

また、ヌーランドという作家による「眠るような自然死の否定」を引き合いに出し、そもそも「安らかな死」や「眠るがこごとき」死、つまり「老衰」などというのはあり得ないことで、「死」に至るまでは、想像を絶するような痛みや苦痛を伴うのだということを説いている。
確かに病院のベッドの上でたくさんの器具やチューブを挿され、苦痛に喘いで死を迎える終末患者は大勢いることだろう。

筆者が言いたいのは、恐ろしいのは「死」そのものではなく、「死の直前に迎える苦痛」だということのようだ。果たして、そんな苦痛を強いてまで「生きる」必要があるのだろうか、ということを述べている。
そして、中高年者による自殺肯定論、下手をすれば自殺推奨論にもなりかねないような理論を説いているのである。

筆者の実母が病に倒れ死が近づいた時に、筆者は延命治療をするのではなく、医師に頼んで静かにかつ速やかに見送った。その時、何故延命治療を止めたのか、周囲から顰蹙を買ったが、全く後悔はなかったといったことを述べている。一方で、義父が病に倒れ、死の直前、長時間にわたり苦痛に晒されている姿を見て、延命治療を止めることが出来なかったことを悔やんでいる。そして筆者は、これを「二人称の死」と「三人称の死」と述べている。

筆者によると、死の直前にやってくる(誰もが経験しなければならない)痛みは、事故に遭った後長時間にわたる苦痛と同じだというのである。そんな苦痛を伴うような「死」を迎えるぐらいなら、「自死」という生き方を過ごした方がよい、というのが筆者の理論だ。

続きを読む "自死という生き方 - 覚悟して逝った哲学者"

2010年1月19日

村上春樹 東京奇譚集

昨年は『1Q84』がベストセラーとなり、今年春に発売される続編でも、恐らく今年のベストセラーの座を奪ってしまうのではないかと思われる村上春樹。

『海辺のカフカ』に見られた同時並行的な全く異質な次元で繰り広げられる二つの話が、徐々に融合していく過程。『1Q84』も、似たような描写で物語が進んでいくが、両者に共通するものは、何かこう、物が喉につっかえたままの状態、いや、もやしの髭が歯間に挟まったままになっているような違和感、居心地の悪さだった。

この『海辺のカフカ』と『1Q84』の間には短編が発表されていたことも知っていたし、実際『アフターダーク』については購入して読破したのだが、結局ここでも何とも言えぬ後味の悪さばかりが残った。村上ワールドの懐の深さ、引き出しの多さを思い知らされた、といった方がいいのかもしれない。

ただ、一つハッキリしていることは、僕にとって村上春樹の作品は非常に「面白い」のだが、その域を超えないということである。つまり、読んでいる最中は夢中になれるものの、読み終えた後の感動、胸に刻まれるような感銘、そういったことを感じたことがないのだ。

単に僕の読解力が不足しているに過ぎないだけなのかも知れない。

何かネガティヴな感じになってきたが、決して村上春樹が嫌いだということではない。
むしろその逆であり、普段ほとんど文学書を読まない僕にとって唯一といっていいほど読み続けている作家だ。

さて、『1Q84』発表の前に発売されていた『東京奇譚集』。今から5年も前の作品である。
『アフターダーク』の後に出た作品ということ、さらには短編集ということで正直購入を見送っていたのだが、先日書店に立ち寄り、たまたま文庫化されている本書を発見し、購入してみた。というか、07年末には文庫化されていたようだが...(苦笑)。

ここに出てくる5つの作品は、いわば『1Q84』や『海辺のカフカ』とは全く趣が異なる。
それぞれの作品に登場する主人公に起こる奇妙な時間軸のねじれが、ある時を境に突然事態が異なる方向に進んでいく、というものだ。ここでいう「ある時」とは、そのほとんどが「受け入れたくない現実を受け入れる時」である。物語はどれも、決してポジティヴな内容ではない。

しかし、そこに繰り広げられる悲哀を受け入れることでポジティヴになっていく過程が、ひょっとしたら初めて村上作品を読んで「心に残る」作品として、僕の中で受け入れようとしているような気がする。

案外それは、自分の置かれている(あるいは勝手に思い込んでいる)身を、それぞれの主人公に投影しているからなのかも知れない。

冒頭、村上氏のジャズクラブでの出来事に関する行がある。「この物語は実話です。」と書かれてある。しかし実際「実話」だったのはジャズクラブで起きた「偶然」であり、その後の物語はフィクションであるはずだ。
奇譚集ということで、ちょっと奇妙な話ではある。奇妙というより、奇遇なストーリーが続く。
しかし、いろんなレビューでも述べられているが、村上春樹の作品そのものは全て「奇譚」なのだ。ただここで繰り広げられる5つの話は、現実に起こりうる話でもあると、僕は思った。
恐らく2時間もあれば、一気に読み終えることができるだろう。しかし、『アフターダーク』の時に感じた何とも言えぬ嫌悪感というか、二度とこの本は読まないだろうという複雑な気持ちは、微塵も起きてこなかった。
むしろ、何かの拍子にもう一度読んでみてもいいな、そう思わせる作品だった。

彼の「長編」だと疲れる人というには、お勧めの作品である。