2010年2月24日

Xperia、欲しいけれど...。

Xperia™ | ソニー・エリクソン

Xperia(TM) | 製品 | NTTドコモ

先般、DoCoMoが満を持して発表したSony Ericssonの「Xperia」。
双方の社長が登場して機種を発表するぐらいなのだから、その意気込みたるや錚々たるものがあるのだろう。
これまでも全く手を講じていなかったわけではないにせよ、iPhoneに席巻されつつあるスマートフォン市場に、ようやく一矢報いるだけの機種を投入することができる、といったところだろうか。前々から思っていたことだが、SonyがウォークマンやCLIE(PDA)で培ったノウハウを持ってすれば、本来であればiPhoneより先にこのような機種を発表していても何ら不思議はなかったと思うのだが、結果的に後手に回ったことで、完全にAppleの後塵を拝する格好になってしまった。
嗚呼、Sonyは何故CLIEの開発をやめてしまったんだ!(笑)

さて、Xperiaの投入は4月頃を予定しているということで、一部店頭にはモックも並び、予約受付も始まったようだ。

ちょうど2年にわたるSO905iCSの分割払い(これも今思えば、何で分割払いにしたんだか...orz)が終わったところでの新機種登場に、正直言って食指は動きまくりなのだが、ちょっと躊躇しているところもある。

僕は今、iPod touchとSO905iCSとCLIEを持ち歩き、それぞれ使い分けているのだが、Xperiaを持つということは、iPod touchとCLIEを持つ必要性が格段に減る可能性がある。しかしその一方で、iPod touchやCLIEが有する全ての機能をXperiaが補完できるかというと、なかなか難しいところだ。

主な使い分けは次の通り。
・SO905iCS
電話、iモード、メール、静止画の撮影投稿、おサイフケータイ、時々Twitterとmixi

・iPod touch
音楽、動画鑑賞、Nike+との連携、ゲーム、時々Twitter

・CLIE
スケジュール、金銭管理

iPod touchで行っている音楽、動画鑑賞はCLIEでも可能だし、音楽だけであればSO905iCSでも可能。CLIEで行っているスケジュール管理であればiPod touchでもSO905iCSでも可能だろう。

そう考えると3つをくっつけて一つにしたような媒体があれば一番望ましいのだが、長年使いこなしているソフトもあって、どうも切り離しの踏ん切りがつかない。

SO905iCSのカメラ機能は、CSが「Cyber-Shot」の略であるように、(2年前の機種なので)画素数は確かに若干劣るかも知れないが、僕にとっては十分すぎる機能を有しているし、iPod touchのNike+との連携機能も、他の二つでは補うことが出来ない。CLIEにインストールしている金銭管理ソフトも長年使っていて、特にクレジットカードの引き落とし機能などは単なる「お小遣い帳」の領域を既に越えていて、僕の中では手放すことの出来ないものとなっている。

そう考えると、この三つの機能を一つにするのはどうも難しいようで、やはり別物として3種3様のデジタル機器を持ち運ばなければならない。

さて、Xperiaの基本機能などを見ると、何でも詰め込み型の携帯とは異なり機能が特化されているのはいうまでもない。
なので、乗り換えた場合、これまで使っていたを大幅に削る必要がある。

一番の問題は3つのデジタル機器もまともに使いこなせない僕が、Xperiaの機能を使いこなすだけのユーザーかということだけなんだけれど...。
しばらくは様子見を決め込みますか。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://nonvey.oops.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/1103

コメントする